search
Report a Scam
burger-menu-open
earphones
Report scam sites List your site Feedback

Counter strike2 :スモークへの変更

Counter strike2 :スモークへの変更

Counter strike2ではスモークに大きな変化が加えられます。CS2のトレーラーが発表された当初、見た人を大きくざわつかせたのがこのスモークへの変更です。なんと爆風や銃撃の影響を受けるようになり、HEを投げ込むことで煙を吹き飛ばすことができるようになったのです。これにより、ダメージを与えるぐらいにしか使われていないHEの有効的な活躍の幅が広がったことを意味しており、戦略に更に深みをもたらしてくれることでしょう。銃撃の影響を受けるようになったのもゲームプレイを変えることが予想されます。現在のCSGOではスモーク越しに予想で敵を撃つようなプレイが非常に効果的で、特にサイレンサーの付いた武器で行うことで射撃元が相手に悟られずに撃つことができ、非常に強力なテクニックの1つになっています。ただ、この問題は運の要素が大きいことと、キルされた側のユーザーエクスペリエンスが低いこと、また大会配信などであまりにスモーク抜きが多いと絵面が地味になりがちというのがあります。特にInfernoのような狭いマップでは有効的で、CT側がスモーク越しに一方的に敵の進行を阻むシーンが見受けられます。CS2ではスモーク抜きに対して撃ち返すのが用意になることが期待されます。

  • Guides
  • September 1, 2023
Counter strike2 :スモークへの変更

スモークの大きさ

CS2のベータ開始当初はそのスモークの大きさも大きく反響を呼びました。DustではAロングからAサイトに渡る際に炊いといてスモークが1つで足りるようになっていたことからその大きさが計り知れます。この大きさはスモークを適当に炊いても不都合が起きにくいという状態でもありました。ただ、あまりに大きすぎるとValveも考えたのか、今ではCSGOに近い大きさに変更されています。ただこれに関しては正式実装までにまた変更される可能性があるので要チェックです。MirageでCT側がコネクター付近を守る際にスモークを使ったプレイが強力で主流ですが、この変更前の大きいスモークだと、コネクター全体を埋め尽くしてしまっていました。こうした理由もあり、小さくなったことに関してはかなり好評です。

スモークを足元に炊いて立ち回る動きが弱くなっています。CSGOのスモークは端の方が薄く透けており、スモークに近い側がそうでない敵を一方的に狙い打てるようなスモークが使えました。こうしたスモークをワンウェイスモークと呼びますが、CS2ではこれが使えなくなります。どこから見てもスモークの見え方が同じになることで、似たようなプレイをしても相手から姿が丸見えというわけです。

スモークのスキン

CS2ではスモークを含めた投げものにスキンが実装するのではないかといわれています。というのも、新しい機能として投げもののインスペクト機能が追加されたためです。これまでナイフや武器の身に備わっていた機能ですが、これが追加されたことでスキンが追加するのではという予想がなされているのです。実際にこのスキンの実装を待ち望んでいた声は何年も前からあり、そうした人たちの夢が叶う日が来るというわけでしょうか。スモークの煙の色に関しても変更が加えられるかもしれません。今は白ですべて統一されていますが、赤や青、緑といったスモークが実装される可能性も大いにあります。スキンで変更できるかもしれませんし、もしかしたらCTとTでスモークの色が変わるかもしれません。

CS2のワンウェイスモーク

先程CS2では従来のようなワンウェイスモークが使えなくなることを話しました。ただそれでも一方的に相手を撃てるようなスモークの使い方をすることは可能です。

画像のように、足元の部分だけ煙が広がらないような使い方をすればよいのです。ただこちらのスモークの場合、相手からワンウェイであることが明らかですし、どんな場所でも使えるというほどではありません。今までのスモークへの知識の一部が使えなくなりますが、また新しい物を学ぶ必要がありそうです。

HEを使ってチャンスを生もう

爆発で煙を捌けさせられることで、新たなプレイが生まれることになります。相手がスモークを使ってサイトに攻撃を仕掛けてきた後にHEを投げ込んで射線を通したりことができるようになるのです。自分で投げてそのまま撃つこともできるでしょうが、やはりチームメイトに投げてもらって自分がピークするような状況を作ると強いことでしょう。逆にスモークを投げた側は、これを警戒して待っておくというプレイも生まれてくるわけで、ゲームにさらなる深みがもたらされているのです。

HEを使ったプレイは実はCSGOでも存在していました。特定の条件下で、スモークの中にHEを投げ込むとスモークの裏にいる敵が見えてしまうというバグのような技がありました。これはInfernoのMidのような狙って起こせるような場所も発見されていますが、時々意図せずに偶然起こってしまうということもありました。大会でもこれで重要なキルを獲得し、それが決め手となり試合に勝つこともありました。これはゲームエンジン自体のバグのようで、Valveは修正することがどうやらできなかった模様です。CS2のこのスモークを吹き飛ばすという仕様はこのバグの解決策としての側面もあるのかもしれません。

responsive-smokes

こうしたゲームプレイに大きく重要な影響を与える変更は過去のCSシリーズの移行でも起こっています。CSGOでは当たり前となっているモロトフですが、これはCS1.6には存在していませんでした。特にCSGO初期のモロトフはスモークで消すことができなかったため、CT側が敵の進行を止めたければただ通路を燃やすだけでT側は大ダメージを受けて突き抜けるか止まるかの2択しかありませんでした。ただ今ではスモークで消すことができるようになったように、後のアップデートで仕様が変わることもあるのです。CS2のこれからはどうなっていくのでしょうか。

Table of Content

Share on

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related news

2006-2023 / All rights reserved