search
Report a Scam
burger-menu-open
earphones
Report scam sites List your site Feedback

CSGO 海外の人気と日本での人気を比べてみました。これからもっと日本でも人気が出てくるかもしれません。

placeholer

Valveによって開発されたCSGOは世界中で多くの人にプレイされており、特に競技シーンの規模の大きさは他のゲームと比較しても比べ物になりません。本物のスポーツと呼べるようなタイトルでしょう。

ヨーロッパと北米では、CSGOはプレイヤーベースとesportsの両方で飛躍的な成長を遂げました。その激しい競技性がこれらの地域のゲーマーや観客の共感を呼び、多額の賞金プールを持つトーナメントの活気あるエコシステムを生み出しています。アジア圏でも中国国内でCSGOは大きくポピュラーな存在になっています。PCゲーム用のインフラが充実していることと、スキンの要素が人気の理由になっています。

  • Uncategorized
  • June 28, 2023
placeholer

特にスキンの部分は大きな理由でしょう。他のゲームと違い、スキンに金銭的な価値があるのがCSGOの特徴です。そのため、投資目的でゲームをプレイはしないが高いスキンを大量に保有しているという人もいるほどです。中国では特にこうしたプレイヤーが多いです。それは一般的に富裕層と呼ばれる層のレベルにあります。他の国と比べても貧富の差が激しい中国では、一般的に金持ちというと日本とは比べ物にならないほどの資産を持っていることも少なくなく、それ故にかなり余裕のある生活を送れています。CSGOのようなゲームのスキンに何千万と投資できるというわけです。

日本におけるCSGO

興味深いことに、世界的な成功にもかかわらず、日本でのCS:GOの人気は比較的低いままです。この乖離の背景にはいくつかの理由があります。

まず、日本のゲーム文化は歴史的にPCとは対照的にコンソール中心でした。任天堂やソニーのような象徴的なブランドは、世界的に人気のあるコンソールとゲームを持ち、市場を支配してきました。ただこのコンソールの優位性は、CSGOのようなPCゲームが多くの人に遊ばれる機会を奪ってしまいました。近年ではPCゲーム自体が日本でも人気になってきており、PCにあまり興味がない人でもゲームをしたいから購入するということも少なくありません。中には小学生や中学生でもハイスペックなPCを持っているという時代になりました。

第二に、言語の壁が大きな課題となっています。CS:GOは複数の言語にローカライズされていますし、日本語版もあります。ただ、ゲームの攻略情報やコンテンツの多くは日本語ではなくそのため、多くの潜在的プレイヤーはゲームに没頭することができず、魅力に欠ける原因となっています。日本人の英語へのアレルギーのようなものがマイナスに働いてしまっています。

第三に、CS:GO の複雑なゲームプレイは日本の一般的なゲーム嗜好には合わないかもしれません。CS:GOの戦術の奥深さとスキルの高さは、多くのプレイヤー、特にカジュアルゲーマーには難しく映っているのでしょう。ある程度のレベルに達するまでに数百時間から1000時間はプレイする必要があり、その後も成長するためには多くの時間を必要とします。取りあえず遊びたいという人にはあまり魅力的ではないのかもしれません。

日本におけるVALORANTの人気

CSGOとは対照的に、Riot Gamesが開発したValorantは、2020年のリリース以来、日本で顕著な人気を獲得しています。

それにはいくつの理由がありますが、CSGOにも通じるものもあります。

バランスの取れたゲームプレイ

Valorantは戦術的な奥深さと親しみやすさのバランスが取れており、カジュアルプレイヤーにも対戦プレイヤーにも適したゲームとなっている。タクティカルなシューティングゲームとキャラクターの能力を融合させることで、日本のユーザーにも共感してもらえるユニークな魅力を生み出しています。CSGOの問題点でもあった取っつき辛さが軽減されているといえるえdしょう。

他にも開発会社が日本でのマーケティングに力を入れていることが上げられます。Valveは良くも悪くも放任主義といえるところがあり、日本で大きなコミュニティが育っていないことで、そもそもあまり知られていません。

 CS2が人気になるかも

CSGOは日本にも多くのプレイヤーがいますが、それでも世界的な人気を考えるともっとポテンシャルを秘めているといえます。そんな中、2023年の夏にリリース予定のCS2は確実に良い影響をもたらすことでしょう。現在は日本にプロチームは1つもありませんが、ゲームの新たな門出と共に参入してくるチームもあるかもしれません。楽しみですね。

Table of Content

Share on

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related news

2006-2023 / All rights reserved