search
Report a Scam
burger-menu-open
earphones
Report scam sites List your site Feedback

Valorantとは?CSGOとの類似点やスキンギャンブルについて!

Valorantとは?CSGOとの類似点やスキンギャンブルについて!

多くのユーザーがプレイしているMOBAからFPSまで、近年のゲーム業界の革新を支えているのがRiot gamesです。そしてその一つがValorantです。この記事では、Valorantがどのようなゲームであるか、その魅力、そしてCSGOとの共通点を解説します。そして、これらのゲームがどのようにしてスキンギャンブルへと繋がるのか、その楽しみ方をお伝えします。

  • CSGO News
  • July 27, 2023
Valorantとは?CSGOとの類似点やスキンギャンブルについて!

VALORANTとは?

Valorantはリーグ・オブ・レジェンドで知られるRiot Gamesが2020年にリリースした無料の5v5のチームベースの戦略的シューターゲームです。このゲームでは、プレイヤーは特定のエージェント(キャラクター)を選択し、そのエージェントのユニークな能力を使用して敵チームと対戦します。

Valorantでは攻撃と守りのサイドに分かれてでプレイされます。このモードは、多くFPSゲームで一般的なゲームモードであり、特にCSGOのユーザーにとっては非常に馴染み深いものです。

VALORANTとCSGOの類似点

ValorantはCSGOと多くの類似点を持っています。それらはゲームプレイのスタイル、ラウンドベースの構造、ゲームのルールやマネーシステムを含みます。しかし、その一方でValorantは、各エージェントが持つユニークなアビリティを導入することで、CSGOの伝統的なゲームプレイに加えて新たな深みを加えています。これらの能力はゲームの戦略性を高めており、プレイヤーに幅広いプレイの選択肢を提供しています。

また、Valorantのグラフィックスタイルは、CSGOのリアル調なビジュアルとは対照的に、アニメ風でカラフルなデザインを特徴としています。これにより、Valorantはポップな視覚的体験を提供しており、プレイヤーがキャラクターやゲーム内のオブジェクト簡単に視認できるようにデザインされています。。

Valorantのマップ作成にはCSGOの有名マップ作成者が携わっているとされています。そのため、遮蔽物の置かれ方やマップの戦略性には類似点があるともいえるでしょう。ただValorantの場合は遮蔽物の裏を確認するためのスキルや、妨害する方法が多くあるので、そうした要素を考慮されてマップが作られています。守るサイトの数も3つあるというマップや、守り側がマップの中央にスポーンするマップなどのユニークなものも存在します。そうしたマップの人気はさておき、新しい挑戦をしていることは伝わってきます。

CSGOをやっていたプレイヤーにとってはValorantのルールは理解しやすく、テクニックも流用できるため、ゲームのサービスが開始された当時にはCSGOの経験があるプレイヤーが大きなアドバンテージを持っていました。プロシーンにおいても同様で、CSGOで引退したようなプレイヤーや成功できなかったプレイヤーがもう一度チャンスを求めてValorantに移行したというケースも珍しくありませんでした。

Valorantのサービスが開始してから数年たった今では、求められる知識の量などの面もあり、当時ほどこのケースは見られなくなりましたが、それでもまだ流用できるゲームスキルはあるため、時々存在します。

CSGOスキンギャンブルとの関連性

これらのゲームがどのようにしてスキンギャンブルと関連しているのでしょうか?CSGOのスキンギャンブルは、ゲーム内の視覚的なアイテム(スキン)を賭ける形式のギャンブルで、それ自体が大きなマーケットを形成しています。これらのスキンはゲームプレイに影響を与えるものではなく、プレイヤーの武器やキャラクターをカスタマイズするためだけの純粋なスキンアイテムです。

CSGOとValorantのプレイ体験は非常に類似しているため、多くのCSGOのプレイヤーがValorantに移行すると同時に、そのスキンギャンブルの文化も共有されています。Valorantもまたゲーム内アイテムのスキンを持っており、それらはゲーム内ストアで購入することができます。現時点では、Valorantのスキンは直接ギャンブルサイトで賭けることはできません。買い切りのシステムのためトレードをすることは出来ませんし、現金化することもできません。CSGOのように直接スキンを賭けることはこれらの理由によって不可能ですが、それでもマッチベッティングなどに勤しむプレイヤーは少なくありません。

Valorantのスキンは値段が一定に決められているので、決して高価なものではありません。まとめ売りでお得にスキンセットを購入できるものでも1万円ちょっとで購入できます。しかし短いスパンで多くの魅力的なスキンが出現するのでそれら全てを入手しようとするとそれなりのお金が必要になってきます。そうなった際にギャンブルで増やして購入するという方法はなくはないでしょう。そうしたユーザーの存在によってオンラインカジノへの需要もさらに生まれてくるでしょう。

これらのゲームは競技性の高さに重きが置かれており、大会の視聴者も多く、日本でも盛り上がっています。そのため大会を視聴するついでにギャンブルをするというのはどんどん一般的になっています。

大会のスポンサーにオンラインカジノサイトが付くということも珍しくなく、資金の供給源となっているともいえます。CSGOのスキンギャンブルは未成年でもプレイできてしまうという問題点があり、そのため問題視される部分もありますが、それでもシーンの形成には大きくかかわっているのです。これからうまく付き合っていくためにもよく理解しておきましょう。

Table of Content

Share on

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related news

2006-2023 / All rights reserved